大会名 2017年度 全日本社会人ホッケー選手権大会 (福井しあわせ国体プレ大会)
試合作成者: 競技委員会 競技委員会
試合終了 今すぐ ログイン する
日時 2017年09月18日 14:35
対戦カード 名古屋フラーテ vs 箕島ホッケーク
No. 35
試合コード 14BA
場所 越前町立ホッケー場道側
ピッチ W人工芝
備考 男子準決勝
試合時間 前半・後半:各35分

名古屋フラーテ

名古屋フラーテルホッケーチーム


プロフィール未登録
HP

3 - 3

箕島ホッケーク

箕島ホッケークラブ


プロフィール未登録
HP

(前半   1-1)

(後半   2-2)

SO戦   2-1


その他情報へ
※チームユーザーは閲覧のみできます
背番号先発メンバー名G1G2Y1Y2R
○ 1[0] 先発 藤本 一平
2[0] 先発 羽田 康佑
3[0] 先発 松本 謙人
4[0] 10 中村 航司
5[0] 15 栁本 主貴
6[0] 15 川上 昇平
7[0] 先発 大門 美生
8[0] 8 竹中 康悦
9[0] 先発 津田 稜大
10[0] 先発 中山 康大 54
11[0] 先発 佐々木 拓郎
12[0] 先発 吉原 平太
13[0] 先発 山下 学
14[0] 先発 山部 晃嗣
15[0] 先発 新本 優
16[0] 千原 健史
17[0] 26 若林 昂太
名古屋フラーテ
時間([+]入力可)背番号
15 7 FG
44 1 FG
64 3 PC
背番号先発メンバー名G1G2Y1Y2R
1[GK] 先発 清水 大貴
2[FB] 23 戸田 和孝
3[FW] 先発 橘  敏郎
4[FB] 先発 谷口 直哉
5[MF] 先発 小澤 浩平
6[FB] 先発 佐々木 康介
7[MF] 先発 渡邊 宏樹 59
○ 9[FW] 先発 田中 健太
10[MF] 14 松本 匡史
11[MF] 先発 北村 貴之
12[MF] 先発 小野 知則
13[MF] 先発 坂本 博紀
15[FW] 栗本 拓哉
16[FW] 先発 大西 春輝 
17[FW] 川村 明弘
21[FW] 山出 洋基
23[FW] 松尾 英雄
箕島ホッケーク
時間([+]入力可)背番号
28 3 FG
66 3 FG
70 13 PC



SO戦

10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 守備者 後攻 SO 先攻 守備者 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
14 7 1 12 背番号 背番号 9 13 5 3 12
(PS) (PS)
× × ○× ○× × × × ×

チャレンジ

※チャレンジは「○」もしくは「×」で入力!
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 成功・不成功
○/×
チャレンジ 成功・不成功
○/×
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
×

SO チャレンジ

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 成功・不成功
○/×
SO Challenge 成功・不成功
○/×
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



監督 粥川 幸司 監督 坂本 博紀
T.O. 松原 和朗
ジャッジ1 桒原 和世 ジャッジ2 山田 一美
アンパイア1 渡邉 道彦 アンパイア2 氏家 健太
R・アンパイア 古﨑 竜司
S・アンパイア1 藤原 信幸 S・アンパイア2 野澤 達

戦評

戦評
箕島ホッケークラブのセンターパスにより試合が開始された。開始早々箕島ホッケークラブ#9田中がパスカットし、そのままリバースシュートするが得点ならず。前半5分箕島ホッケークラブ#9田中が右サイドをえぐりPCを獲得するも名古屋フラーテルGK新本の好セーブにより得点ならず。前半15分名古屋フラーテル#7大門がタッチシュートを決め先制する。追いつきたい簑島ホッケークラブは前半28分#16大西が右サイドをえぐり中央に折り返し#3橘が倒れながらもシュートを決め1-1の同点とする。その後名古屋フラーテルは運動量を上げゴールに迫るが簑島ホッケークラブGK清水を中心とした堅い守りにより得点を許さないまま前半戦が終了。
名古屋フラーテルのセンターパスにより後半戦が開始された。後半3分簑島ホッケークラブ#9田中がリバースシュートを打つものの名古屋フラーテルGK新本の好セーブにより得点ならず。後半9分名古屋フラーテル#10藤本がタッチシュートを決め2-1とする。その後後半18分簑島ホッケークラブはPCを獲得するものの堅いディフェンスに阻まれる。後半19分名古屋フラーテル#10中山にグリーンカードが課せられ2分間の退場処分とされる。追いつきたい簑島ホッケークラブは#6佐々木のロングボールを中心に試合を進めて行くがなかなかチャンスをつくることができない。後半25分#7渡邉にイエローカードが課せられ5分間の退場処分とされる。さらに点差を広げたい名古屋フラーテルは後半28分相手のインターフェアによりPCを獲得、#3松本のフリックシュートが右上に決め3-1とする。その直後、簑島ホッケークラブ#3橘がシュートを決め3-2とする。さらに追いつきたい簑島ホッケークラブは後半33分パワープレイ行う。後半35分#9田中がPCを獲得、#13坂本が華麗なタッチシュートを決め3-3とする。そのまま試合が終了。勝敗はシュートアウト戦に持ち込まれる。

シュートアウト戦の結果、2-1で名古屋フラーテルの勝利。

コメント

今すぐ ログイン してコメントする

まだ、何もない